k's counseling & mindfulness office

職場の休職および復職について


休職の疑問あれこれ

 休職とはどのような制度なのか?休職とはどうやってするのか?休職するとどうなるのか?言葉だけは聞いたことあるかもしれませんが、実際に自分が休職をするかどうか考えた時にこのような疑問が色々と出てくるのではないかと思います。

 会社によって休職の制度や仕組みは違うのですが、一般的な流れややり方は何となくあります。まずは休職というものとは何をするのか?そして最終的に「復職」するにはどうしたらいいのかなどについて説明していきたいと思います。

休職について

 ここでは主にメンタルヘルスの不調に関わる休職について説明していきたいと思います。まず、休職から復職までの大きな流れを下記のように表してみました。

休職するにはまずは病院で診断書をもらう

 休職や会社を休むには医師の診断書が必要な場合がほとんどです。会社から休むよう勧められ診断書を病院から貰ってくるよう言われることもありますし、通院していた病院の医師から休職を勧められることがあります。

 「会社を休みたいけどどうしたら良いか分からない・・・」「自分がいまどうなっているのか判断がつかない」など考えていたり、メンタルの不調を感じたらまずは精神科や心療内科を受診することをお勧めします。医師に自分の状態を伝え、休職したい旨を話すとだいたいの場合は診断書を出してくれます。それが出たら会社に提出することで休職の手続きに入ります。
 だいたいの会社は診断書を1ヶ月毎に提出するよう要求されるのですが、場所によっては3ヶ月毎、半年ごとでも構わないというところもあります。ただ、病院の方針にもよるので会社からの要求に対して、病院がどこまで対応できるか調整して診断書を作成してもらう必要があります。

 人によっては有給を最初に使ったり、病欠扱いにしたりするところもあります。そこは会社と相談してどのような形にしたら自分にとっても都合がいいのか選べると良いです。けど、そんなことをしている余裕がないかもなので、とりあえずは会社に任せて休職に入って、いち早く仕事を休むこと選択しましょう。

休職中の過ごし方

 いざ休職に入ったら何をしたらよいか迷うかもしれません。どんな過ごし方や取り組みが適切なのか、復職までの近道なのかとても気になると思います。ポイントは以下のとおりです。

初期

休職直後の過ごし方
  • 医師の指示を聞く
  • 「すべき」「やらなきゃ」と思うものは全部やめる
  • したいことをドンドン始める
  • 休みだからといって遠慮せず自由に過ごす
  • 動けそうなら傷病手当を申請する(会社と医師に確認する)

中盤

休職して慣れてきてから
  • 生活リズムを整えていく
  • 散歩を始める
  • 人と連絡を取る
  • 家事などをやってみる
  • 休職した経緯を振り返ってみる

終盤

復職がもうすぐの時期。復職まであと1~2ヶ月ぐらい
  • 会社に戻りたいかどうか考える
  • 自分にとって仕事とはなにか考える
  • 通勤訓練を始める
    • 会社が始まる時間の起きてみる
    • 通勤の為の服に着替えて家を出てみる
    • 通勤ルートを通ってみる
    • 1日会社の近くのカフェなどで過ごしてみる
  • 会社と復職先について話をする
  • リワークを勧められる
復職後の取り組み方

  復職後は大体の場合、以下のような取り組みや流れで復帰することが多いです。ただ、この辺は結構会社によって取り決めや方針が違うので復職前に確認しておいたほうが良いです。

  • 残業はなし(大体1ヶ月ほど)
  • 負担が軽い仕事を任せられる
  • 部署や仕事内容が変わる

会社によって変わる部分が多いのは以下の点です。

  • 時短勤務から始める
  • リワークが復職条件になっている
  • 仕事環境が変わらない所に復帰

まとめ

 会社によって復職の条件や流れは結構違います。休職直後はそこまで考えられないかと思いますので気にしなくていいですが(むしろ不安に繋がりかねないので考えないほうが良いです)、余裕が出てきたらどのような流れや取り決めが復職の際にあるか聞いておいたほうが吉です。あと、休職できる期間がいつまでかは会社の規模によって変わることが多いです。大手企業だと3年間休職可能なところもありますが、中小だと働いた期間によって数ヶ月しか休めにこともあります。休職中に転職や異動なども考える方が多いので、休める時期に転職活動をするなら休職がいつまで出来るかは聞いておいたほうが良いかと思います。

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自己紹介

宮碕景悟

 都内の精神科にて臨床心理士をしております。主に社会人に対するカウンセリングや休職・復職支援を行っております。これまで約700人のケースを担当し、認知行動療法やマインドフルネスによるサポートを行ってきました。  自分が休職したほうがいいのか、精神科に行ったほうがいいのか迷っている方がいましたらお気軽に連絡してください。

最近のコメント

    カテゴリー

    ja日本語